芳香剤を作りました。

二ヶ月に一度の手芸ボランティアさんによる工作で、今回は芳香剤を作りました。

材料はご家庭で溜まりがちな保冷剤です。リサイクルして有効活用できていいですね。

工作中も「保冷剤ってよく溜まっていくよね~」とあるある話で盛り上がりました。

 

保冷剤材の中身を出して好きな色の絵の具を混ぜていきます。

 

 

 

 

 

 

 

メンバーさんたは赤系と青系の色が人気でした。

 

 

 

 

 

 

 

二層から三層の保冷剤を混ざらないように重ねていきます。

 

 

 

 

 

 

 

最後に好きな香りのアロマオイルをかけて、造花を飾り付けたら完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん世界に一つだけのオリジナル芳香剤が完成して嬉しそうにされていました。

簡単にできますので、皆さまもよかったたら試してみてください。

 

 

 

 

ピンク色の綺麗な花

雨が降っていたある日ガーデンの方をよく見ると見覚えがない綺麗な花が咲いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近植えた記憶がないのですが、以前植えた植物の種か球根が残っていたのでしょうか。

 

その花は雨の中、ほかの植物たちに負けず力強く咲いていました。

この花が何の花なのかは分からなかったですが、メンバーさんは「ピンク色がきれいですね」と笑顔で話しされていました。

 

こういった予想外に生えてきた植物を見るのも楽しいですね。

ゆい手芸の時間

投稿が遅くなりましたが、先月ワイヤークラフトを行いました。

 

 

 

 

 

初めにワイヤーをラップの芯に巻き付け、長さや形を決めて両端を合わせて捻ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にカラーストーンや鈴を付けていきます。

 

最後にワイヤーで好きなマークや形を作っていきます。好きな車の会社のマークを作った方やご家族にプレゼントするのでハートを作った方など様々です。

 

 

 

 

 

初めは普段触れることないワイヤーを思い通りの形にするのに苦労していた方も先生の、見本を見てワイヤーに触れる中で曲げたり捻ったりと慣れてきたご様子でした。

 

 

メンバーさんが「またワイヤーを使ってマークを作ってみたい」と嬉しそうにボランティアさんと話す姿を見て、楽しい時間だった事が伝わってきました。

 

 

ゆいガーデン

気温が高くなったり低くなったりと安定しない陽気ですが、ゆいの庭の植物たちは元気に育っています。

5月に植えたヒマワリたちもすくすく育っています。ヒマワリは咲くのに2000時間日光を浴びる必要があるそうです。開花の時期が楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

こちらからは去年植えたブドウです。よく見ると小さなブドウが実っていました。

こちらも収穫が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

ブドウの実を見つけたメンバーさんは「わぁ、すごい!楽しみだね」と笑顔でブドウを見つめていました。

そして、桂台小学校との交流会で生徒さんたちがゆいに来てくれて、イチゴとブドウ用に素敵なネームカードを作ってくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバーさんも「イチゴとブドウの絵が可愛い!」と嬉しそうにされていました。

素敵なネームカードをありがとうございました。

ゆいいちご収穫

5月6日苺収穫をしました。

 

今年初めての苺の収穫です。

 

苺をジャムにしたいです。

 

苺をアイスにしたり、試食しました。

 

苺アイスが美味しかったです。

 

こどもの日&母の日の工作

ゆいグールプではアート活動を行っている専任のスタッフを呼び、季節の工作などを楽しんでいます。

 

今回はこどもの日と母の日の工作をしました。

こどもの日に食べるものといえば「柏餅」ですね。染めた和紙に半月型に折った半紙を入れると・・・

 

 

柏餅の完成です。

あまりにも本物にそっくりで思わず、食べたくなる程です。

 

その他にも銀紙を丸めてセロファンを巻いてのキャンデイー作り。

 

 

 

 

 

 

 

 

一番盛り上がったのが、スーイツの切り抜き選びです。たくさんある切り抜きから好きなものをじっくり選ぶメンバーや、他のメンバーが選ぶのを見て「私もぶどうとマカロンがいい」と教えて下さる方など、みなさん好きなスイーツを楽しそうに選んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

完成作品がこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

母の日も近いので、好きな色のモールと花紙を選んでお花も作りました。

 

アート活動を行う中でメンバーから「持ち帰れるものが作りたい」との意見が挙がり、今回の様な作品作りに繋がっています。これからも作ってみたい物や意見を聞きながら、活動を行っていきたいと思います。

 

 

ゆめのパン工房からのお知らせ

日頃よりご愛顧いただきありがとうございます。

径のパンは、皆様に喜んでいただけるパンをメンバーが作成し店頭に並べています。

この度、期間限定でメンバーに作ってほしいパンを募集いたします。

店頭に募集箱と用紙を設置し、皆様のお越しをお待ちしています。

 

募集期間5月9日~5月31日(火)

 

※残念ながらすべてのリクエストにお応えしかねますのでご了承ください。

添付されたポスターもご参照ください。

 

今年のイースターは4月17日

イースター(復活祭)というのは毎年開催日が変わるキリスト教のお祭りで、イエス・キリストが磔刑にされた三日後に復活されたことをお祝いする事だそうです。

今回ゆいではイースターエッグ作りをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成した作品たちはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卵に色を塗り、顔を描きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

栄区のゆるキャラ「タッチ―くん」をスタッフと一緒に描きました。

 

今回、イースター(復活祭)を初めて知ったというメンバーさんも多く、卵が割れないように皆さん集中して

慎重に絵を描いてました。

作品が完成すると皆さん笑顔になり嬉しそうにされていました。

木蓮の花が咲きました。

暖かくなってきた3月中旬に、今年もゆいの庭の木蓮の木がきれいな花を咲かせました。

ゆい分室は元々一般の住居を改装したものです。この木蓮はその時から植えてあり、大家さんがずっと大切にされてきたものでした。

ゆいの庭をガーデニングが出来るように数年前に計画した時も大家さんから「この木蓮は大切にしてほしい」と話されていたそうです。その大家さんの想いのこもった春を告げる木蓮をこれからも大切にしていきたいと思います。

 

ゆい手芸の時間

3月のボランティア佐々木さんによる手芸の時間では、紙粘土で作った桜・りんご・クッキーなどを貼ってオリジナル写真立てを作りました。

事前に佐々木さんが用意して下さった紙粘土の作品がこちら。

 

 

 

 

 

 

メンバーさんは「わーすごい。おいしそう。」「これを使いたいな」と興味津々で見ていました。

 

 

 

 

 

 

写真立てに貼る際は春らしく桜を散らした方、スイーツ・くだものなど種類ごとに分けた方など様々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ホワイトデーに渡そうかな。お母さんにプレゼントしようかな。」と話され、それぞれご自宅に持ち帰られています。

 

 

 

 

 

 

 

最後に佐々木さんから紙粘土でりんごやバナナの作り方を聞くと、「ゆいでも作ろうよ!」と話され、みなさん楽しい時間だった事が伝わってきました。