身近な自然 ー真犯人は誰?ー

ゆいガーデンでは前回投稿した野菜の他に落花生も栽培しています。初めて落花生を植えて知ったのですが、落花生は受粉すると蔓を地中に潜らせるように伸ばして、土の中で実をつけるようです。

 

 

その落花生は順調に育っていて、蔓も伸びて、順調に実をつけていたのですが…

(この時は青々と順調に育っていました)

 

 

朝ゆいに来るとガーデンの落花生に違和感があり確認すると、掘り起こされ実り掛けの落花生がかじられた形跡が…(かじられた時の写真を撮り忘れてしまいした。(汗)

 

(踏み荒らされ、掘り起こされた形跡が…)

 

ゆいがある桂台は自然に囲まれていてすぐ先は森が広がっています。タヌキかアライグマがやってきて食べてしまったのでしょうか。

 

ゆいのメンバーさんにそのことを伝えると、「え~!落花生食べられちゃったの!?」と皆さん驚いて少し残念そうにされていました。

 

急遽お世話になっている地域の方にアドバイスを頂き、倒れた落花生を起こして周囲をネットに囲い対策を取りました。

(これで残った落花生を守れるといいのですが…)

 

思わず身近な自然を実感した出来事でした。

ゆいグループとボランティア募集

ゆいメンバーは平日10時~15時30分で活動をしていますので、いつでもお気軽に遊びにいらして下さい。

 

また、ゆいガーデンの植物の水やりなどボランティアも募集しています。ご興味ありましたら、お声掛け下さい。

 

ゆいグループのアート活動

ゆいグループでは2ヶ月に一回のペースで講師の方を招いて手芸やアート活動を行っています。

7月のアート活動では模造紙に皆で海の絵を描きました。ローラーで模造紙に色を塗った後で、魚や海藻の形に切り取った

紙をペタペタ貼り付けていきます。

メンバーの皆さんはローラーで色を塗ったり紙を貼ったりする感触を楽しみながら取り組まれていました。

皆で協力して一つの作品を完成させていくのはとってもいいですね。

完成したアート作品はゆいの前に展示していますので、是非ご覧にいらして下さい。

 

 

 

 

ゆいのガーデニング日記

ゆいグループでは横浜市みどりアッププロジェクトの一環として、地域の方と一緒に苗植えなど相談しながら行っています。

ゆいグループではガーデニング活動の一つとして、夏野菜のトマトと、パプリカ、いんげん豆、スイカの栽培にチャレンジしました。

残念なことにトマト、パプリカ、スイカはうまく育たず失敗…。

植物を育てるのは難しいですね。

その中でインゲン豆が順調にすくすく育ち、7月29日に収穫を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

初めての栽培にしてはなかなかの量を収穫出来てメンバーの皆さん嬉しそうです。

 

 

収穫の後はゆいガーデンの草取り。この時期は雑草の育ちも早いですね。

 

皆で汗をかきながらガーデンを綺麗にしました。

 

 

 

 

 

 

 

ガーデンの方ではミニヒマワリも咲き始めてました。

 

 

 

 

 

 

 

満開になるのが楽しみです。

*からーず* おでかけ日和

グループホームからーずでは4人のメンバーさんが暮らしています。

メンバーさんが行きたい場所を伝えて下さったり、「こんなテレビ見て笑っていたよ」「こんな話をした時に楽しそうだったよ」一緒に暮らしているヘルパーさんがキャッチして下さるメンバーさんの思いを実現するために、休日はおでかけすることがあります。

 

%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%bc%e3%81%9a%e5%86%99%e7%9c%9f0-r

 

%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%bc%e3%81%9a%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0-r

 

映画を見たり、電車に乗って買い物に行ったり、夜の水族館を楽しんだり、おいしいもの食べに行ったり…それぞれの興味があること・楽しいことに合わせて外出することが多いので、外出先や楽しみ方はそれぞれです。個人だけでなくて、たまには女子同士でお花見をしたり、男カラオケに行くこともあります。

 

 

外出先で見るみなさんの笑顔や真剣に見つめる視線など楽しまれている様子で見るたびに、ホームスタッフもみなさんの楽しい思いを実現できるようにお手伝いしたいという気持ちになっていきます。

%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%bc%e3%81%9a%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1-r

 

年に数回ですが、からーず4人揃って花火大会や食事におでかけすることもあります。

去年は旅行にも行きました。

生活のスピードも興味があることもそれぞれ違う4人の暮らしですが、おでかけの計画や一緒に行った外出先でのエピソードを通して、みんなでの楽しい思い出が増えていきますね。

%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%bc%e3%81%9a%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2

 

それぞれ通所先から、からーずに戻り一緒に囲む夕方の食卓は、「来月はどこに行こうかな~」「何を食べに行きますか~」「みんな休みだから、何かする?」などわくわくするような話で溢れていて外出する前から笑顔がこぼれます。

%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%bc%e3%81%9a%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3

“ さて、次はどこにおでかけしましょうか ”

ステーションまつり 御礼

こんにちわ

径からは久々のアップになります

9月6日土曜日、さかえ次世代交流ステーションは3回目のお祭りを開催することができました。

IMG_4137

当日は、天候にもめぐまれ(一時雨が降りましたが)843名の方が来場してくださりました。

小さいお子さんを連れた親子、子どもたち、青少年、60代、70台の方、障害のある方もない方も

世代や立場などを超え、同じ時、同じ場所で一緒に楽しまれている姿があちらこちらに見られました。

当たり前であり、理想でもあるそんなあるべき姿がその日の次世代交流ステーションにはあったように思えました。

おいでくださった方々、出店にやイベントにご協力してくださった皆様、そして日頃からご理解、ご協力してくださっている地域や関係機関の皆様、本当にありがとうございました。

 

IMG_4048

IMG_4069

 

 

 

 

 

 

「さかえ次世代交流ステーション」とは?

top-sakaestation

外観 建物二階部分です

栄区はこう考えて、この次世代交流ステーションを設置しました。

~横浜市内でも高齢化率の高い栄区が、将来にわたり活力・活気にあふれ、これからも元気なまちであり続けるためには、次世代を担う子どもたちを中心に区民が交流し、お互いを理解しあうことが何より大切だと考えます。  次世代交流ステーションは、子育て中の親子、障害児・者、青少年を対象にした5つの機能をもつ複合施設です。 利用者相互の交流や連携・協力、また支援者との交流などを通じて、世代や環境にこだわらない、思いやりや優しさをもつ子どもたちの育成を目指しています。  さかえ次世代交流ステーションの設置を契機に『子育てしやすいまち』栄区として、すべての区民の生活環境を向上させていきます~

次世代交流ステーションは、平成23年3月に開所しました。現在、地域サポート虹(子育て支援拠点/青少年地域活動拠点)と訪問の家(径)の2法人がここで事業を運営しています。 径は相談支援事業・後見的支援事業「とんぼ」、放課後等デイサービス事業「ぴっころんど」の3事業を行なっています。 私たちは、これからも利用者さん、ご家族、地域の関係機関の方々…誰もが気軽に立ち寄れる雰囲気を大事にして、ここ次世代交流ステーションでの活動を進めていきます。

サポートセンター径 ステーションまつり

top-sakaestation来る9月6日(土)に、「ステーションまつり」を開催します。

サポートセンター径(みち)が栄区桂町「さかえ次世代交流ステーション」に3事業を移して3年目となりました。

最初の年から、地域の方々にステーションの存在、ステーションの事業を知っていただきたいと次世代交流ステーションの方々と一緒になって始めた「ステーションまつり」も今回で3回目となります。

いま、今年の企画を練っているところですが、また近々ご案内のパンフをお配りする予定です。 ぜひ、お近くの方々、また一度は行ってみようとおもう方々のお越しをお待ちしております。