9/24サポートセンター径全体研修報告

【研修のテーマ】

「送迎から利用者支援を学ぶ」

【研修のねらい】

「私たちの日々の業務の一つである「送迎」という場面を振り返り、安全運転の意識を高めるだけではなく、利用者の立場にたちその気持ちと向き合い、学ぶことで全セクション事業の利用者へのより良い支援に繋げていく。」

 

径は年に一度全セクションの職員が集まって研修を行っています。

今年は9/24(金)14:00~17:30で「座学」、「実技体験」、「ディスカッション」の三部構成で実施しました。

 

座学では安全運転の考え方から事例問題、車両事故の傾向、実際に起きた事例紹介など多岐にわたりました。なかでも実際に起こった事例をお伝えしたとき、参加者は息をのんで自分の事の様に真剣に聞いていました。

また、今回は6名の利用者さんにインタビューを行い、「送迎」について生の声を聴かせて頂きました。心温まるエピソードから気を付けて欲しいこと、送迎について本当はどう思っているのかなど、とても貴重なお話を聞かせて頂きました。中でも「径の送迎を使わなかったら?」との質問には「公共交通機関を使って通所したい」との答えに、送迎ありきではないという事にハッとさせられました。

インタビューに答えてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

 

実技は実際に利用者の立場に立ち、車椅子に乗り路上運転を行いました。車いすを使用しての乗車体験は初めて行ったという方も多く、「思った以上に揺れた、下り坂がきつく感じた、車酔いした、エアコンの風が当たって体が冷えた」など様々な気づきがあったようです。

 

ディスカッションはグループに分かれて座学、実技で学んだこと、そして利用者さんのインタビューを踏まえて、「ドライバー・添乗者・利用者それぞれの気持ちを体験してみて」、「当事者の声を聴いて感じたこと」、「今回の研修を通して学んだことを明日からどう活かしていきたいか」の三つのトークテーマについて話し合い、どのグループも熱心な話し合いになりました。

私も送迎時は普段の運転以上に安全を意識して運転していても、路上のマンホール等のわずかな段差で振動を強く感じたり、車椅子に乗っていると外の景色も見えづらく停止や右左折などが分かりづらかったりしたことに気付きました。状況によって停止や右左折などをお伝えしていくと利用者の安心と快適さに繋がるのではないかと、改めて声かけの大切さに気付きました。

 

今回学んだことは送迎の場面だけでなく、これからの利用者支援全般に生かしていきたいと思います。

 

 

 

 

サポートセンター径 日中活動 ゆいグループ

支援スタッフ:工藤

 

 

ゆい テイクアウト食事会

コロナ禍で外出や外食が難しい中ですが「どんな活動が出来るか」メンバーと一緒に考えながら過ごしています。

 

昨年度実施した、テイクアウト食事会を「今年もやりたいです」との意見がメンバーから聞かれました。

 

ハンバーガー屋・回転寿司店・お弁当屋など各曜日で皆さんから意見を伺い、決めた店舗の中からメニューを選んでいきます。

 

「○○のお弁当食べたことある」

「これも美味しそうだね」とメニューを決める段階も盛り上がります。

 

当日はボリュームのあるハンバーガーを目の前にわくわくするメンバーたち。

 

 

 

 

 

 

 

皆さんいつもとは少し違った雰囲気で昼食を楽しまれている様でした。

 

クリスマス会がしたいなあ!と次の楽しみを考える声も聞かれています。

ジャガイモを植えました。

ゆいのガーデニングを楽しみにして下さっているメンバーのお母様から「皆で育てたら良い活動になるかしら」と、ジャガイモの種イモを頂きました。ご家族の方にも活動を支えて頂いて感謝です。本当にありがとうございます。

プランターは三個あり一個につき種芋を二つ植えていきます。タヌキやアライグマの被害を受けずに無事に育って欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは植えてから、1~2週間たったころの写真です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ時期に植えたのに、成長具合に結構差が出ています。

メンバーさんも「ジャガイモ大きくなってきたね!」、「早く収穫したいよ!」と楽しみにされていました。

収穫できるのが待ち遠しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

カブトムシの幼虫

ゆいの裏庭では刈り取った雑草などを集めて、たい肥作りをしています。

今回も刈り取った雑草をたい肥箱に入れようとかき混ぜてみると…

いたるところからカブトムシの幼虫が…

軽く掘り返しただけで10匹近く見つける事が出来ました。実際はもっとたくさんいるかもしれません。

メンバーさんにカブトムシの幼虫を見てもらうと「うわー、すごーい!甥っ子にあげたいなあー」といった意見から、おっかなびっくり一歩離れて見ている方まで様々。

近隣の方で「欲しい!」という方がいらっしゃいましたら、限りはありますが虫かごと飼育用の土をお持ちいただければ平日10時から15時の間となりますがお分け致しますのでゆいまでお気軽にお電話(045-443-5229)ください。

 

ゆいの手芸

9月の手芸の時間ではボランティアの佐々木さんに来て頂き、ミニカーテンを作りました。

紅葉やいちょうの葉に絵の具を塗ってカーテンにスタンプしていきます。

メンバーの皆さんは好きな色の絵の具や葉っぱを選び、思い思いに作品を作り上げていきます。

絵の具の色を重ねてスタンプするとどんな色が出てくるかワクワクします。

 

「こんな色になった。素敵だね。」とカーテンに映る秋の色を楽しみました。

「お母さんにプレゼントしようかな」「小窓に飾ろうかな」と話され、皆さんご自宅に持ち帰られています。

 

 

ボランティアの佐々木さんが来る日は「今日は何を作るのかな♪」と毎回楽しみにしているメンバーとスタッフ達です。

 

 

 

 

 

 

身近な自然 ー真犯人は誰?ー

ゆいガーデンでは前回投稿した野菜の他に落花生も栽培しています。初めて落花生を植えて知ったのですが、落花生は受粉すると蔓を地中に潜らせるように伸ばして、土の中で実をつけるようです。

 

 

その落花生は順調に育っていて、蔓も伸びて、順調に実をつけていたのですが…

(この時は青々と順調に育っていました)

 

 

朝ゆいに来るとガーデンの落花生に違和感があり確認すると、掘り起こされ実り掛けの落花生がかじられた形跡が…(かじられた時の写真を撮り忘れてしまいした。(汗)

 

(踏み荒らされ、掘り起こされた形跡が…)

 

ゆいがある桂台は自然に囲まれていてすぐ先は森が広がっています。タヌキかアライグマがやってきて食べてしまったのでしょうか。

 

ゆいのメンバーさんにそのことを伝えると、「え~!落花生食べられちゃったの!?」と皆さん驚いて少し残念そうにされていました。

 

急遽お世話になっている地域の方にアドバイスを頂き、倒れた落花生を起こして周囲をネットに囲い対策を取りました。

(これで残った落花生を守れるといいのですが…)

 

思わず身近な自然を実感した出来事でした。

ゆいグループとボランティア募集

ゆいメンバーは平日10時~15時30分で活動をしていますので、いつでもお気軽に遊びにいらして下さい。

 

また、ゆいガーデンの植物の水やりなどボランティアも募集しています。ご興味ありましたら、お声掛け下さい。

 

縁日WEEK♪

先日から、急に肌寒くなってきましたね。

 

本日郷にお泊りのメンバーさんの中には

長袖のパジャマをお持ちの方もいて、

一気に秋がやってきたな~と感じております🍂

 

 

 

さて、8月の郷では「縁日」が開催されていました♪

 

ヨーヨー釣りに金魚&スーパーボールすくい、射的などの催しを

お囃子の音頭をBGMに流しながら

みなさんお祭り気分で大盛り上がり☆

 

 

中には、射的を極めて3桁の点数を獲得した強者もいました!!

 

 

 

やっぱり夏はお祭りですよね~♬

 

郷縁日にお越しくださったみなさま、ありがとうございました(^^)/~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆☆☆ 郷フェスタ2021のお知らせ ☆☆☆

 

 

①BIGポスター展示

展示:9/14~10/31

メンバーさんと「コロナ禍でも気持ちは一緒」をテーマにBIGポスターを作成し、玄関に展示します!

 

②フリーマーケット開催!

開催期間:9/14~30

保護者の方々のハンドメイド作品のフリーマーケットを開催します!メンバーさんが日中活動で作ったマスクチャームや紙すき葉書も配布しています!来所した際には是非ご覧ください♪

 

③こども音楽研究会の皆さまによるコンサート

楽器作り:9/23 11:00~11:40

コンサート:同日 14:00~15:00

郷フェスタではおなじみのこども音楽研究会の皆さまによるコンサートを開催します!感染拡大が広がっているため、来場される人数は制限されますが、zoomでの参加も可能です!ご不明な点はスタッフ(担当:石井)までお声掛けください。

午前中には午後のコンサートで使えるマラカス作りをみんなで行うzoom活動を企画しています!お時間のある方は是非ご参加ください。

 

 

「みなさまのご参加、お待ちしております!」

 

 

 

 

 

ゆいグループのアート活動

ゆいグループでは2ヶ月に一回のペースで講師の方を招いて手芸やアート活動を行っています。

7月のアート活動では模造紙に皆で海の絵を描きました。ローラーで模造紙に色を塗った後で、魚や海藻の形に切り取った

紙をペタペタ貼り付けていきます。

メンバーの皆さんはローラーで色を塗ったり紙を貼ったりする感触を楽しみながら取り組まれていました。

皆で協力して一つの作品を完成させていくのはとってもいいですね。

完成したアート作品はゆいの前に展示していますので、是非ご覧にいらして下さい。

 

 

 

 

朋プロ

みなさんこんにちわ!

つばさグループです。

 

久しぶりに外部の方をお呼びしての朋プロが開催されました。

今回は2年ぶりに演奏してくださいます、立川先生と原さんです!

 

 

 

 

 

 

 

リコーダーとピアノの演奏です。

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍ということもあり、つばさグループのみホールで生演奏で聴きました!

他のグループはZOOMを通しての鑑賞となりました。

 

 

 

 

 

 

 

司会は宮腰さん!

少し緊張な面持ちです!

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏が始まるとニヤニヤと笑い始める優月さん!

 

 

 

 

 

 

 

賢作さんは正面の特等席!

みなさん楽しんで演奏を聴いていました!

 

最後につばさグル-プとだいちグループからプレゼントをお渡ししました。

 

 

 

 

 

 

 

立川先生、原さん

お忙しい中、ありがとうございました!

また、来てください!